汚さないためのアイテム

汚さないためのアイテム

プレイしてる当人以外を汚さないためのアイテム

プレイしている当人はともかくとして、汚れて欲しくないものがあります。
カメラや機材の道具類はなるべく金粉まみれになったり、ローションでつるっと逝って欲しくないアイテム。
そこで、ここでは手やカメラを保護するアイテムをご紹介します。


手を保護する
tebu.PNG
リンク先:モノタロウさま

価格が安くて、気軽に使い捨てできる手袋!メッシープレイ以外にも役立ちます。


フラッシュや小物を保護する

透明な袋なら何でもいいと思います(雑


カメラを保護する-防水デジカメ編-

カメラを保護しましょう!とは言うものの・・・ぶっちゃけズームのコンデジを防護するくらいなら、日常兼用できる防水コンデジでも買っちゃいましょう。
外で遊ぶときや、海でも使用できますし、ガタリンピックに行った時でも気軽に使うことができます。


防水型コンパクトデジタルカメラ

どれを選んでも、画質に圧倒的な差は無いので、安いのでもイイと思います(ただしニコンのS33は避けた方が無難)
個人的には富士フイルムが安い割にAFも速めでいい感じでした。

tg860.PNGS33.PNGpsd20.PNGtg2.PNG


コンデジよりは高画質に撮りたいんだよねーって人はこちら。

1インチセンサー搭載のニコンAW1
AW1.PNG

または・・・・
ミラーレスデジカメ+防水ハウジングの組み合わせ。
rx100water.PNG

むしろ、金粉だ!ペイントだ!泥んこだ!とやるのなら、防水ハウジング型の方が、万が一の被害は少ないかもしれない。




予算なんか関係無い、俺はとにかくデジイチで撮りたいんだ!

スキューバダイビングで綺麗な海で撮るのならともかく、泥の中は5cmと潜ったら撮れませんよ!
スプラトゥーンの中で撮りたい、泥んこダイブするところを真横から撮りたい、泥被りの一番ポイントで撮りたい

そんな人達用にアイテムをまとめました。※編集中


EWA-Marineewamrin.PNG
ドイツの簡易水中ハウジングメーカー。前面にガラスを採用し、レンズにアダプターをかませて装着する。

簡易バージョンを使ったことがありますが、正直使い勝手はいまいちです・・・。単焦点レンズで使うなら、いいかなぁ・・・。
メリットは、全面クリアなので操作に悩まなくてもいいところでしょうか。

DiCAPac dicap.PNG
韓国?のメーカーらしい。アマゾンのレビュー見ると、ちょっとネガティブなコメントがありますが、防水コンデジ使おうが
防水ハウジング使おうが、浸水する時はするので、浸水したら諦めましょう。

ってか、ケース使う時は・・・・
  カメラ入れる前、入れた後、浸水テストしてください。

余談・・・海水に浸っちゃった場合。※ボディ、レンズ共に。
海水に浸って、電源が入らなくなったときは、バッテリーとカード抜いて、カメラが入るプラケースに水道水・真水と一緒に入れて
サービスセンターか修理に持ち込んでください。真水なら乾燥して使えるパーツも、海水で乾燥して結晶化したらダメになります。


OUTEX outex.PNG
カリフォルニアに本拠地を構えるOutex。ブルーのゴムがトレードマークの防水ゴムカバーメーカー。
操作系がブルーのゴムのため、見えにくいという欠点があるものの、フラッシュが使えたり、三脚が使えたり、USBケーブルが取り出せたりと
アクセサリーの種類は類を見ないほど。

このメーカーは、ゴムの種類によって使えるカメラが幅広く対応しているため、ある程度の大きさのゴムと
アダプターリングセットを買っておくと、色々使い回すことができる。

  • 最終更新:2015-08-09 22:45:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード