初めてやったMessy

2016年・・・ある方からの一言でそれは始まった・・・

初めてやったmessyって気になりますね。

そういえば、そういう調査的な物って話題には出るけど、アンケートとしてやったことなかったなぁ・・・と
思い立ったが吉日!アンケートサイトを利用して調査しました。

その結果がこちら!
初めてメッシー.JPG

圧倒的絵の具率!

手に入れやすさ、買いやすさ、何らかの拍子に遊んでしまえる素材・・・
となると、やはり絵の具と泥、生クリームなのでしょうか。

それぞれについて考えてみると・・・

絵の具
 絵の具と触れ合う機会、と浮かぶのは、幼稚園や小学校・中学校・高校での授業や文化祭など
人生の中で何かと見ることは多い素材かと思います。また、割とその辺で売ってる事から
購入の敷居はだいぶ低いのでは無いでしょうか。少量であれば落としやすいのも、初めてには優しいと考えられますね。

 田舎であれば、庭で泥んこ遊び、田んぼで泥んこサッカー、はたまた幼稚園での泥んこ遊び
雨の体育祭での泥感など、これまた絵の具同様、触る機会が多いかもしれません。
落としやすさは絵の具より遙かに楽ではあるものの、購入のしやすさという点では
ホームセンターなど、ちょっと手間がかかり難易度が上がってしまうかも。

生クリーム
 絵の具!泥!と比べて大きな違い、それは食品、食べ物であること。それだけでも
上2つのものに比べて、難易度は遙かに低いでしょう。万が一、口に入ってもクリームですから。
最近は顔面シューとか、パイ投げもツイッター上で見るようになってきました。
この素材は、投げる事の面白さもさることながら、投げられた側の姿がシュールで
面白く感じる人が多いという点にあります。遊ぶ、という点で見れば、非常に優れた素材である事は間違いないと思います。

シェービングクリーム
 独特のあわわ感、それはまた面白い感触です。パイ投げもどきセットも、このタイプであるようです。
これのファーストコンタクトは何でしょうか。昔昔、家にあったやつをシュワァーと遊んだ記憶しかありません。
確かに、あのあわわ感は面白いもので、臭いさえなければ、無制限に遊んでいたかもしれません。

歯磨き粉
 むにゅっと出したときの、あの風貌。あれに埋もれたらめっちゃ気持ち良さそうですよね!
これまた一家に一本はある、手軽に遊べる素材の1つかもしれません。

金粉
 初めてのMessyが金粉、というのは非常にハードルが高いように思えるのですが、チャレンジャーですね!
片付け、養生、落とすのが面倒なのに・・・なぜかたまにはやりたくなる、それが金粉の魅力。
金色になった姿は見ていても楽しく、美しく、独特の魅力があるものです。

校庭の粉のような土
 校庭の粉のような土・・・・あのふわっとした粉のような、極めてキメ細かい土の事ですね。
雨上がりの校庭、あれが多く含まれてるところに入った時の感触は、非常に楽しく、心揺さぶられるものがあります。
また、体操服についた時の様子や、泥団子作りにも最適でしたね。

木工ボンド
 木工用ボンド、白くてドロドロしてて・・・あれはいい・・・独特の臭いがあるものの
触った感じも、塗った感じも・・・すごくいい・・・。ただし臭いが気になる方は厳しいかな?

 卵!家にあって手軽に試せるシリーズですが、どうなんでしょう?ぬるりとする感触は確かにありますし
バラエティでも見る事があるので、やってみてみたい素材ではありますね。

練乳
 いちごにかける、パフェ、かき氷にかけてあったりしますね。あれも白くて甘くてドロドロしてる系で
初めてのメッシー素材としては敷居が低いかもしれません。缶でも売ってますしね。

砂場の砂
 砂場の砂、学校でも私生活でも、公園に行けばほぼありましたね。砂山作りとか、水流したり
messyとしてはけっこう触ってた部類のような気がします。

小麦粉
 何かとぶっかけるのが流行の小麦粉。髪の毛につくと取れにくい、間違って全身で遊ぼうものなら
ありとあらゆる毛について、取るのに苦労するのもまた愛嬌(確かボディソープ大量につけてやれば落ちたような?)
しかし、小麦粉、パイは、初めてのmessyとしてはアリかなと思います。小麦粉のついた顔は非常に面白く
銀粉、金粉と同じく、異次元感というか異質感たっぷりです。また、運動会でも飴食いとして定番のアイテム。

墨汁
 子供頃から"服につくと落ちない"とブツブツ文句を言われる墨汁、これが意外と少ないのは
落ちにくい、というイメージからでしょうか?実際落ちにくいのですが。
たまに見るバラエティでも、墨汁はありますし、見てる方も多いと思うのですが
絵の具や泥に比べると、ファーストコンタクトとしてはいささか敷居が高いのかもしれません。

  • 最終更新:2016-09-14 23:20:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード