ペイントアレルギー発症について

ペイントのアレルギー発症について
2016年 MessyDictionary ラマスキー作成

※管理人によるリサーチ、体験者からのデータにより作成しております。信憑性については不確定要素もありますので
参考までに留めておいてください。メーカー公認ではありません。

※なお、データ取得時の絵の具は、一般には無害、万が一飲み込んでも影響が少ない、と言われているメーカーの物である。
それでも、このような症状が出てしまうことがあるので、万が一症状が出た時には、すみやかに洗い流して欲しい。

1.ペイントによるアレルギーとは
 ペイントを肌に塗った際に起きる現象はいくつかあるのだが、たとえば、かゆみ、痛み、しみるなどの症状が出る。
 症状は年齢、性別は問わない。なお、この現象は洗い流すと治まるので、該当する症状が出た時には、迅速に洗い流す処置が有効である。

2.発生時間について
 ペイントが肌へ付着してから、発症までの時間であるが、塗った直後(30秒以内)に発症の人もいれば、時間を置いて発症する場合もある。

2.発生状況について
 手、または刷毛による塗布。原液、または水で希釈済みを使用。

3.年齢・性別による違い
 年齢、性別を問わない。

4.個人的意見による考察
 ペイントアレルギー発症者の特徴を考えると、他のアレルギーも持っている事が多いように感じる。直後に発症した方のデータを見ると
 ある物質に関して非常に敏感なアレルギーを持っている方であった。この例は極端かもしれないが、複数のアレルギーを持っているならば
 気をつけるに越した事は無い。

5.発生確率について
 絶対的な確率を保証する物ではありません。また、他へ引用する事は許可致しません。
 現時点で、集まっているデータでの発生確率ですが、約3~5%と言ったところです。

  • 最終更新:2016-08-22 05:17:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード